クレジットカードで現金不要の生活を

クレジットカードを使うことによって、現金を持たない生活をおくることができます。

現金を持たないことにどのようなメリットがあるかというと、ひとつはリスクが低くなるという点にあります。

クレジットカードというのは限度額まで使うことができますから、100万円の枠がある場合100万円を持ち歩いているのと同じことになりますが、実際のリスクに関しては現金を100万円持ち歩いているのとは全く異なるものとあります。
クレジットカードの場合、落としてしまってもすぐに利用を停止することができますし、悪意のある第三者に使われてしまってもその分を請求されるということはありません。



しかし、現金の場合には落としてしまったら取り戻すことはほぼ不可能であり、拾った人を特定することができなければ、使われてしまっても取り返すことはできません。
実際には100万円を持ち歩く機会はそこまで多くありませんから、現実的には数万円の話になりますがそれでも数万円を失ってしまうのは庶民にとっては非常に痛い出費となってしまいます。クレジットカードであればそのような心配がないので、リスクを軽減することができるのです。



次にお金をおろす手間というのがなくなりますから、時間の節約やATMの使用料の節約にもつながります。



社会人だとお金をおろしに行く時間もなかなか取れないことが多いものですし、そうなると時間外におろすことになり手数料を取られてしまうことがあります。

クレジットカードで全てを決済するようにすれば、そのような手間も費用も節約することができます。